Know the working environment 働く環境を知る

アークホールディングスで働く

キャリアステップ

「アークホールディングス株式会社」では、人に求められる分岐型キャリアアップ制度を設定しており、全社員がステージに応じた役割を担っています。
役割は大きく分けて、一般社員層の「個人やチームの成果を上げるステージ(スターターからサブマネージャー)」、その後は「ゼネラリストコース(マネージャーからディレクター)」「スペシャリストコース(エキスパートからプロフェッサー)」に分岐していきます。

キャリアステップキャリアステップ

キャリアステップ

分岐型キャリアアップ制度

当HDでは、社員の特性や希望に応じたキャリア形成を図るために、「ゼネラリストコース(さまざまな業務経験を積むことで、経営者層を目指す)」「スペシャリストコース(一つの業務に精通して専門家を目指す)」という、分岐型キャリアアップ制度を導入しています。

ジョブローテーション

ゼネラルコースを選んだ社員には、長期的な人材育成を目的に、幅広い業務を経験できるジョブローテーションが適用されます。
ジョブローテーションを実施することで、「自分に足りないスキル」「もっと伸ばしたいスキル」が得られるので、さらなるキャリアアップを実現できます。変更するタイミングは年2回あり、途中で変更することも可能です。

評価制度

「人物評価」「能力評価」の二軸で構成される評価制度を導入しています。各ステージにおいて、それぞれ求められる要件が明確化されているため、公正な評価が可能となります。

360度評価制度

当HDでは、他社にはみられない評価制度として「360度評価制度」があります。この制度では「自己評価」「上長評価」「役員評価」だけでなく、全社員による「全員評価」からも評価を受けることとなります。360度から評価を受けることで、仕事面だけではなく人間力の観点からも評価できるのが特徴です。

社員旅行
  • 社員旅行
  • 社員旅行
  • 社員旅行(年1回/14年タイ、13年伊勢神宮、11年香港・マカオ、10年グアム、09年沖縄)
  • 社員総会(年4回)

トップへ戻る