Interview : Azusa Momose 社員インタビュー「百瀬 あずさ」 先輩社員インタビュー:
百瀬 あずさ(営業事務)

新規プロジェクトの立ち上げ経験が、仕事の見方を変えた新規プロジェクトの立ち上げ経験が、仕事の見方を変えた

アークリンクに入社を決めた理由

アークリンクに入社を決めた理由

面接が入社を決めるきっかけになったと思います。それまでいくつかの企業を受けてきましたが、どこも事務作業的な面接ばかりで少しうんざりしていました。
でも当社は違いました。たっぷりと時間をかけてもらい、面接担当の方とじっくり話ができました。
私がこれまで歩んできた人生や、学生時代のこと、部活や趣味のこと、これからどんな仕事をしていきたいのかなど、本当にじっくりと話し合いましたね。「一人の人間に、ここまで向き合ってくれる会社なら安心して働けそう」、そう感じて入社を決意しました。

百瀬さんの業務内容

百瀬さんの業務内容

現在は営業事務を担当しています。
当社では社内に営業事務を専門に扱う部署がないので、営業部や他部署で発生した事務関連の業務を担っています。

実は私、入社以来営業畑を歩んでいたんです。
その当時は営業活動をしながら、同時に事務作業もこなしていたので非効率だなと感じていました。
営業は営業活動に専念できたら効率がいいなって思っていました。

そんな時に社内の新規プロジェクトで、事務を専門に行う営業事務を立ち上げる話が出て、「チャンス!」と思い手を挙げました。
営業と事務のどちらの業務も経験していたので、私のキャリアが活かせると思いました。

新規プロジェクト立ち上げの苦労点

新規プロジェクト立ち上げの苦労点

それまでの当社では、営業だけでなく全社員が事務作業を行っていました。だから営業事務に任せるよりも、自分がやった方が速いんです。
なかなか営業事務の存在価値を理解してもらえませんでしたね。
何度も何度も「みなさんは自分の業務に専念してもらい、事務作業は営業事務に振り分けてください。そうすればそれぞれの業務にもっと専念できます」と繰り返し伝えました。

例えば営業なら、事務作業に割く時間をアポ取りやお客様訪問にまわすことで、効率的な営業活動ができます。
「この新規プロジェクトは、みなさんにとってメリットがたくさんあります」と何度も言いましたね(笑)。

1年くらいかけて、少しづつ営業事務の役割が社内で浸透していきました。今では営業事務は、社内で必要不可欠な存在になっています。

失敗から学んだ教訓

失敗から学んだ教訓

新規プロジェクトの経験から得たことは、「仕事の見方が変化した」ということ。それまでの私は、仕事を「点」でしか見られていませんでした。それがプロジェクトを通じて、その点と点を結んで「線」として見られるようになったと思います。

以前は自分の担当業務しか考えられず、その仕事の前後で関わる人のことまで考えていませんでしたが、同じ業務でも周囲の人のことを意識しながら仕事をするようになりましたね。
仕事を見る位置が上がり、より全体を見渡せるようになったと思います。新規プロジェクトの経験が、自分を成長させてくれたんだなって実感しています。

Message
これから入社する方
へのメッセージ

私はアークホールディングスを「チャンスのある会社」だと思います。
思いっきりチャレンジできる環境があるし、サポートしてくれる仲間もいる、
だから安心して仕事に集中できる環境なんです。

これから入社する方には、この環境を思う存分活かして働いてほしいですね!
どんなことにでも好奇心を持って取り組めば、活躍できるチャンスがたくさん待っている会社です。私も今までの蓄えてきた知識やノウハウを、みなさんに教えながらお互い成長していきたいですね。一緒に働ける日を楽しみにしています。

  • 株式会社アークリンク百瀬 あずさ株式会社アークリンク百瀬 あずさ

    株式会社アークリンク
    百瀬 あずさ

  • 株式会社オリバ戸田 直人株式会社オリバ戸田 直人

    株式会社オリバ
    戸田 直人

  • 株式会社リリクル原田 太一株式会社リリクル原田 太一

    株式会社リリクル
    原田 太一 

  • 株式会社アークリンク渡邉 厚二株式会社アークリンク渡邉 厚二

    株式会社アークリンク
    渡邉 厚二

  • 株式会社アイペック中井 京平株式会社アイペック中井 京平

    株式会社アイペック
    中井 京平 

  • 株式会社アイペック安岡 美紀株式会社アイペック安岡 美紀

    株式会社アイペック
    安岡 美紀

トップへ戻る